shiho
お問い合せはこちらから

室田志保

koiawa=室田志保

 

《室田志保 経歴》

1975  鹿児島県生まれ
 1995  白薩摩焼窯元絵付け部入社(2005年退社10年勤務)
 2004  鹿児島県青年会議所の海外留学派遣事業留学生に
     選ばれ、『薩摩焼をインテリアに取り込む』の テーマで
     イタリアフィレンツェに短期留学
 2005  金沢国内留学 九谷焼人間国宝工房にて技術指導を受ける
 2005 制作用アトリエを、鹿児島県大隅半島
    (日本のフロリダ)大野原にアトリエを構える
 2007  初個展(ギャラリービーンズ)
 2007 入籍(川崎志保→室田志保)
 2009  日本ボタン大賞展 審査員特別賞 優秀賞 受賞
 2012 鹿銀文化財団賞 受賞
 2012  フランス パリ『5 artistes de satsuma』 グループ展参加


『薩摩ボタンの歴史』

 江戸末期に倒幕運動などの軍資金を得るために制作された『薩摩ボタン』。そこで得られた外貨は、軍資金として戊辰戦争などで使われたとされています。
 絵柄は、その当時の生活風景や花鳥風月など日本的なものが多く、ジャポニズム文化の一つとしてボタンコレクターには大変貴重なものとされています。
 その後、細かい作業ゆえに作る窯元も減り一時は廃れましたが、『薩摩志史』絵付け師 室田志保 は、現代に合った『薩摩ボタン』として復活させました。
RECOMMEND
ボタン博物館
ボタン博物館 (JUGEMレビュー »)
大隅 浩
美しいボタン達が盛り沢山☆
何度見ても飽きません!
RECOMMEND
目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』
目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』 (JUGEMレビュー »)
狩野 博幸
これぐらい描けるようになりたいもんですわー。。。
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE