ただいま!

お久しぶりです、弟子ユウミです。

先日、近況報告をしに半年ぶりに鹿児島に帰ってきました。

学校で課題作品や制作途中などを撮り溜めていたカメラを持ってくるのを忘れてしまいまして、

鹿児島に着いた早々に怒られてしまいました。

その写真を見せるために鹿児島に帰った様なものだったので、、、
SDカードを早々に送りたいと思います。

会う人皆に「おかえり」と言って頂けたのがとても嬉しく思う反面、また離れるのが少し寂しくなりました。
次に会うのは冬休み、また皆さんの元気な姿を見るのを楽しみにしています。


そしていよいよ学校では、上絵付けの実習が始まりました。

NEC_0457_20130912_002.jpg

志保先生の事を思いながら描くと、程よい緊張感が出てピッと身がしまります。

学校卒業まで半年になりました、鹿児島に胸を張って帰れるようにしっかり学びたいです。


それでは学校に行って来ます!
| アメリカツアー | 16:36 | comments(0) | -
京都便り☆
お久しぶりです。弟子ユウミです。

鹿児島を去り、京都の絵付けの学校に行くようになり

半月が経とうとしています。


学校では、ただひたすら筆を持って紋様を描き


時には水墨画、時にはロクロという日々を過ごしています。


クラスメートと切磋琢磨しながら、少しでも上手くなれるように毎日頑張っています。


そして今日は何故か鹿児島に居るはずの魚群達の

下描きをしています。

魚群たち

アトリエの事を忘れ無いように遙々泳いで来てくれた様です。

効果は抜群です。
| アメリカツアー | 15:24 | comments(0) | -
しみじみと
 薩摩志史 弟子ユウミです。


今日が最後のアトリエ出勤となりました。



鹿児島に来て約一年半ですが、


とても内容の濃い時間を過ごす事が出来ました。




いざ最後のブログを書くとなると、


振り返る事が多すぎて、文章が陳腐になりそうなので




今、伝えたいことだけをザッと書くことにします。






志保先生、右も左も分からない私を迎えて下さりありがとうございました。


鹿児島から離れても志保先生から教えて頂いた事は忘れることは出来ません。



志保先生の元で修行することができ、私は本当に幸せ者でした。



Wii


志保先生の家でしたWiiも忘れません。



1年〜2年後には鹿児島に戻って来ますので、


それでは皆さんお元気で、また逢う日までサヨウナラ。




志保先生のとっさの思い付きで、京都からブログを更新することになりましたので、



お楽しみに。









| アメリカツアー | 14:52 | comments(0) | -
室田陽水☆
 火曜日担当のユウミです。


最近は気温も上がり、過ごしやすい気候になって来ましたね。




外がポカポカしてくると、どうしても眠くなってしまいますよね、、、



志保先生、ただ今布団の中で至福の時を過ごしています。


いつも何かしら探し物をしている志保先生、本当に夢の中へ行ってしまうとは。




おそらく、見たこともないような幸せな顔をしている事でしょう。




ここ連日の絵付けに加え、昨日の残業の波が来てしまったようです。





しかし、目を覚ませば、、、




絵付け


まだまだ、絵付けが待っています☆




あぁ、起こすのが怖い。


| アメリカツアー | 14:30 | comments(0) | -
てんやわんや
 火曜日担当のユウミです。


今日は志保先生と二人だけのアトリエでした。


二人だけでも、何故か4人はいそうな賑やかさで絵付けをしております。



今日は絵付けだけかと思っていたら、、、



待っていました、志保先生の旦那様、そして牛。



牛



慣れたように作業着に着替える私



作業着をこんなに着こなせる女性はそういないですよ。。



逃げ腰で、微力ながらも牛を引っ張る私。



その上、牛によだれまでかけられ、、、



そしてその光景を見て爆笑する志保先生。



私は鹿児島でドンドンたくましくなっています。



カツオ



そしてまさかの、魚群カフス第二弾。


今回はカツオが五匹も飛んでいます。志保先生と、意地と根性で描きました。


薩摩志史、バリバリの体育会系でございます。
| アメリカツアー | 16:21 | comments(2) | -
京都の絵付けの学校
 火曜日担当のユウミです。



先週のテレビをご覧になった方はご存知かもしれませんが、

私、

4月から京都の絵付けの学校にいくことになりました。




この学校を受けることに決まったのが試験の3週間前で、


そこから怒涛の受験勉強。


特に、数学とデッサンには困ったもので、


数学は、家庭教師をつけて

高校以来の数式を再暗記し、


デッサンは、現在行っているデッサンの先生に

特訓してもらい、


面接も、スペシャリストに頼んで

好感度高く指導していただきました。
TV


でも、受験というプレッシャーに、

勉強するも、常に不安が付きまとい

追い込み過ぎたのか、体調を壊し

隣の家に住んでいる兄ちゃんに担がれて

病院に行くという珍騒動もありました。


たいした事はなかったのですが、

その節はご心配をおかけしました、、、




そして、臨んだ試験。

案の定、

試験の面接では厳しいとこも聞かれ、

ドンドン自分の血の気が引いていくのを感じましたが、


皆様のご協力により無事になんとか、


合格することができました。





というわけで、鹿児島にいる期間もあと1ヶ月を切りました。


やっと鹿児島弁を聞き取れる様になったのに、、、。




| アメリカツアー | 16:43 | comments(0) | -
本日のNHKに
 火曜日担当のユウミです。



先日、志保先生からもお伝えしましたが


今日の夕方6時20分頃から、NHKの「情報WAVE鹿児島」に


私の修行奮闘記が10分ほど流れます。


沢山のインタビューを受け、ほとんど見当違いな事を答えていたので



ディレクターさんはさぞかし大変な事でしょう。



挙動不審な私が10分も見れるのは「情報WAVE鹿児島」だけです。


みなさん是非見て下さいね!





そして、毎度私を唸らせている魚群のカフスたちが焼き上がりました。

ブリ



桜島も2種類に増え、

「燃えよ桜島」赤バージョンと

「男は黙って桜島」紫バージョンです。


桜島のデザインは二つ合わせての絵となっております。

モクモクとした灰や、錦江湾の高波も合わさり、

活きのいい垂水名産の「勘八」と「ブリ」が飛び跳ねております。



こちらの本物を見たい方は、

某銀行の営業マンを捕まえてくださいませ。
| アメリカツアー | 16:15 | comments(0) | -
一段落、、、?
 お久しぶりです。弟子ユウミです。


今日は、1週間ぶりのアトリエです。

ブログは1ヶ月ぶりではないでしょうか。。。

この1ヶ月の間にアトリエ開放や展示会、新作展など沢山の行事が詰まっていました。



私達、燃えつきて真っ白な灰になるんじゃないかと心配しましたが


無事に乗り越えることができました。


しかし、年明けそうそうお次は東京で展示会がま待っています。


展示会まで2週間を切っています。その間にボタンを描かなくては!



下書き


志保先生、真っ白です!!

下書きも終わっていません!これにあと20点ほど追加されるんですよね!?




桜島の灰に、私達の灰が混ざるのもそう遠くはないでしょう。


| アメリカツアー | 11:44 | comments(0) | -
根性焼き

火曜日担当のユウミです。



先日紹介した、新作ボタン「当たり矢」

本日、窯から出てきました。

焼き上がり

焼く前のマットな質感からツヤッとした質感になって出てきたボタン達。

しかしこれで終わりではありません。



ここからさらに何度か窯に入り、磨いてやっと完成です。

こんな小さなボタンですが、何百度を超える窯に何回も焼かれて


根性を付けていっているのです。


私も見習いたいものです。暑いのは大嫌いですが。

| アメリカツアー | 17:21 | comments(0) | -
中村屋!
 火曜日担当のユウミです。


今日もひたすら描いています。

しかも今日は特に細かい絵のボタンばかり、、、

あたりや


一番手前にあるボタンは新作の

「当たり矢」というボタンです。

良いことが当たり続けるように、周りには唐草文様が描かれています。

「中村屋!!」と、

屋号を呼ぶ感じで


「よっ!あたりや!」と

呼んでください。



そしてこれがまた細かいんです、、、描く


長引く風邪に苦戦しながらも当たり矢に色を入れる志保先生。


ボタンの小ささがよく分かります。








余談ではありますが、自分の指を相手に選んでもらうだけで、


相手が自分のことをどう思っているかが分かる心理テストをしました。


結果、志保先生が私(弟子)に対する気持ち






「嫌い」






、、、







見事に、「嫌い」を引き当てた志保先生。





当たりや☆






えー、無かったことにしましょうか。
| アメリカツアー | 17:15 | comments(0) | -
RECOMMEND
ボタン博物館
ボタン博物館 (JUGEMレビュー »)
大隅 浩
美しいボタン達が盛り沢山☆
何度見ても飽きません!
RECOMMEND
目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』
目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』 (JUGEMレビュー »)
狩野 博幸
これぐらい描けるようになりたいもんですわー。。。
SELECTED ENTRIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE